ホワイトニングを自分でやる効果的な方法とは?

誰もが一度は白い歯に憧れを持ったことがあるのではないでしょうか。私もその内の一人です。

たくさんの歯科医院がある今日、ホワイトニングなどの審美歯科を行っている歯科医院もたくさんあります。

しかし歯医者と聞くと、ちょっと構えてしまいませんか??私はあの歯を削るキュイーンという音が脳内ですぐ再生されます。

ドラッグストアへ行くとたくさん歯磨き粉があり、中には歯を白くするなどホワイトニングと書かれた歯磨き粉があります。

(これで歯が白くなるなら歯科医院へ行きたくない)と思ってしまいます。しかも歯科医院で行うホワイトニングは、保険利かない為金銭面でも不安です。そこで自分でできるホワイトニングを探してみました。

市販の歯磨き粉

安い物から高い物まで、たくさんのホワイトニング歯磨き粉が売られています。

一般の歯磨き粉とどう違うのか。それは研磨剤がホワイトニング歯磨き粉には含まれています。

歯科医院で行うホワイトニングの薬液などは入っていません。

これは日本の薬事法で、高濃度の為市販の歯磨き粉に入れることは危険なので、規制されています。なので頑張って頑張って磨いても、歯科医院で行うホワイトニングの真っ白な歯には残念ながらなれません。

研磨剤や清掃剤の成分を満たしていると、歯磨き粉でも「ホワイトニング」と命名することは出来るそうなので、ちょっと注意したいところです。市販されているホワイトニング歯磨き粉は、黄ばみ(タバコなど)やちょっとした着色(コーヒー、お茶、赤ワインなど)を研磨剤で多少落とすことはできます。

ただし研磨剤は名前の通り削るので、毎日使うと大事な歯の表面、エナメル質を傷つけてしまう為知覚過敏になりやすいという短所があります。1週間に1~2回使用と書かれているものが多く、きちんと使い方を守りましょう。

ちなみに歯の消しゴムという製品があります。研磨成分をギュッと凝縮したもので、小さなスポンジみたいな物です。お掃除に使うメラミンスポンジを歯科用にした感じでしょうか。気になる着色にピンポイントで狙えますが、こちらも研磨成分が強いので、使い方を守りましょう。

世界に1つだけのマウスピース

歯科医院でホワイトニング剤をもらい、マウスピースに入れて装着するホームホワイトニングがあります。

そんな方法があるならやってみたい!!歯科医院に行かなくていいなんて!!少しは安いのかな??とたくさん思うことがありますが、ホームと名前に付いてますが、まず歯科医院へ行かなければなりません。

なぜならまず、自分の歯列にぴったりの、世界に1つのマウスピースを作らなきゃいけません。頑張って歯の形を上下とりましょう。銀歯の型取りの際使う、粘土みたいなスライム状のものを口にいっぱい含みます。

もし受診の際虫歯など、歯に疾患が無いか診てもらうことをお勧めです。小さな虫歯でも薬液でしみてしまう場合があります。

出来上がったマウスピースとホワイトニング剤(ジェル状で、注射器型のもの)を頂き、あとはお家でホワイトニング開始です。私自身が行ったものは、1日1回、最大2時間、薬剤を入れたマウスピースを口に含んでおくものでした。含む時間を延ばしても白くなるわけじゃなく、歯にも負担がかかるので歯医者さんから言われた時間や量を守りましょう。

私は空腹時を避け、寝る前に行ってました。

歯科医院で歯医者さんが直接薬液を塗る方法と比べると、すぐに白くなりません。ホームホワイトニングは日に日に少しずつ白くなるので、毎日欠かさず行いましょう。毎朝鏡を見るのが楽しみになりますよ。ただし痛みを感じたり、歯がしみてきたという症状が出たら、我慢せず受診して下さい。

マウスピースを含む前に、しっかり歯を磨いて汚れを落としましょう。

動画は、正しい歯の磨き方です。コツを掴めば簡単なので、汚れを落とすのはもちろん、虫歯、歯周病予防につながります。

一番いいのはホワイトニング効果のある、歯磨き粉ジェルをつかうことですね!

まとめ

  1. 市販されている歯磨き粉は気休め程度に。使う、使わないでちょっとした差はでます
  2. 歯科医院受診の壁を乗り越えたら、後は気長にコツコツやりましょう

最近ではホワイトニングをする男性も増えています。歯は身だしなみの1つです。チラッと見えた白い歯は、相手に好印象を与えますね。化粧品で美白成分を選ぶように、歯も気軽に白くできる時代になってきています。

スキマ時間を活用し、すてきな笑顔を手に入れてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です