歯の詰め物が取れたとこが黒いのはむし歯?

キャラメルやお餅みたいなものを食べていたときや、普通に食事をしていたとき、または寝てる間に、むし歯を治して詰めてもらった歯の詰め物が取れてしまった!!

驚いて、取れたのがどの歯か確認したら詰めてたところが真っ黒で、「やばい!むし歯!?!?」

なんてことになったことありますか?

不安や不信感でいっぱいだと思いますが、いろんな可能性があるので、そのいろいろについてお話していきます!

もしかしたら、むし歯かも

詰め物がとれたところが黒くなっているのは「むし歯」の可能性もあります。

詰め物と歯の間でむし歯が進行していたのかもしれません。

冷たい物がしみたり、熱い物がしみたりしてませんか?

むし歯を削って、再び代わりのもので詰めるのですが「エナメル質」という歯の中でもむし歯に強い部分が削られて

象牙質という部分が出てきます。

その「象牙質」は柔らかく、むし歯にはとっても弱いのでしみたり、痛かったりしたら注意です!

歯の黒いところが痛い=むし歯ではない

なんだかよくわからないと思いますが、「しみる」「痛い」だけではむし歯かどうか判断できません。

歯はどの歯も「エナメル質」の中に「象牙質」、「象牙質」の中に「神経」という構造をしています。

詰め物が大きければ大きいほど、神経との距離が近くなり刺激に敏感になります。

神経は刺激を脳に伝える役割をしているので、すぐそこに冷たいものや温かいものを感じると

びっくりして「しみる!!」と教えてくれています。

この場合、再度詰めなおせば治ります。

ですが、その「しみる」が10秒以上続く場合は

むし歯や神経の炎症などがある「治療が必要な状態」と怪しんでもいいかも。。。

歯の詰め物の種類での差

歯の詰め物にはいろいろあります。

その場で詰めてもらえるプラスチック(正しくはコンポジットレジン)型取りが必要な一部だけの詰め物のインレー、または歯を全て覆うクラウン。

保険が効くもの、保険が効かないものも同じように取れたときに中が黒くなっていることに原因がいろいろあります。

プラスチックの詰め物がとれて中が黒い原因

詰め物の中が黒くなる原因は

  1. 着色
  2. むし歯

このふたつが考えられます。

プラスチックの詰め物は歯にボンドのような役割をする薬を歯に塗ってプラスチックをくっつけます。

また、プラスチックは衝撃には弱いので噛む力が強いとプラスチックがかけてしまったり、歯と詰め物の間に段差ができてしまう。

その段差にどんどん「色」がたると「着色」が、どんどん「汚れ」がたまると「むし歯」になります。

型取りをした詰め物がとれて中が黒い原因

インレーやクラウンなど、型取りが必要だった詰め物が取れた時に歯が黒い原因は

  1. 着色
  2. むし歯
  3. 金属の色素が歯に移る

1と2は先ほどと同じ。

金属、というか型取りを必要とする詰め物はプラスチックと似て、セメントでくっつけています。

保険内のものも、保険が効かないもので接着剤の種類は変えているところがほどんどですが、方法はほとんど同じです。

プラスチックのものとの違いは詰め物と歯の間にセメントがあること。

そのセメントに着色がついて歯に残っていることからむし歯のように黒く見えることがあります。

また、金属だと黒い色が歯に色素沈着を起こすことで、歯がうっすらとグレー色になっている場合も。

詰め物の色が歯に移って黒くなってしまう金属

補足ですが今は人体への危険性がわかり、使われることはないですが

10年くらい前まで「水銀」が入っている「アマルガム」という金属が使われていました。

水銀は人体にとって、非常に毒性の強いもの。

この金属のために、原因不明の病気に悩まされてる日がかいるほどです。

今この金属を今でも詰めたままにしているの人の歯を見ると

歯に金属が溶け出してむし歯のような見た目になってしまっている人が多い。

また、その金属が溶け出した歯は脆くなるようでかけてしまう人も多くみられます。

痛みや異変がなければそのままでも問題はないかと思いますが、

もし入ってることがわかっているなら金属のやりなおしを希望してもいいかもしれません。

万が一歯の詰め物が取れてしまった場合

慌てなくても大丈夫!

(激痛があれば話は別ですが。)

できるだけ早く歯医者さんに診てもらいましょう!

ただ、注意することがいくつかあります

1.取れた詰め物を捨てないこと

取れた歯の状態にも寄りますが、状態がよければそのままつけてもらえることもあります。

歯医者に行くまではできるだけティッシュに包まず何か容器などを使って保管するようにしてください。

ティッシュなどごみに紛れやすいものに包んでしまうと捨ててしまったり、失くしてしまう人がわりと多いです。

2.無理に歯に戻そうとしないこと

3.詰め物が取れた歯で噛まないこと

この2つの理由は同じ

歯が欠けると歯がむし歯じゃなくても金属を作り直すことになってしまいます。

詰め物が取れた歯は強度が弱くなってしまうので気を付けてください。

詰め物が取れた歯はむし歯になりやすいので、できるだけ歯医者さんで見てもらった方がいいです。

むし歯じゃないかどうかは、自己判断せず、歯医者さんでレントゲンを撮ってもらって適切な治療をうけてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です