歯に仮詰めをしてから違和感を感じる人へ!対処法を教えます!

みなさんのお口の中に銀歯はありますか?自慢できることではないですが私にはけっこうの銀歯が入っております。

前歯は本来の歯ですが、中には差し歯をしているという方もいるでしょう。銀歯やかぶせ物をする時に型取りを行います。その型取りしたものに石膏を流し模型を作ります。

その模型に合わせて歯科技工士さんがせっせと銀歯やかぶせ物を作ってくれます。しかしすぐに出来上がるわけではなく、患者さんから少し製作のお時間をいただきます。

その間仮の蓋をするのですが、私にとってこれが治療以上に厄介な物になりました。なんだか高く感じたり、すぐポロッと外れたり、外れたらなんだかじわじわ痛くなるし・・・、銀歯の出来上がりが待ち遠しくて待ち遠しくてたまりませんでした。

そこで今回、仮詰めした歯に違和感を感じた時は、どう対処していいのか探っていこうと思います!

食事やうがいをしたら仮詰めの物が取れてしまった

・部分銀歯の場合

大きくかぶせる銀歯ではなく、悪い所を最小限に削った銀歯の場合はゴムのようなもので仮詰めをします。部分銀歯は形が複雑で、同じ形の銀歯を持つ方はどこを探しても決していないはず。

世界に1つだけの銀歯なのですが、歯が薄くなってる箇所もあるので外れてしまったらその歯で物を噛むことはやめましょう。凹凸が激しく舌ざわりも悪くなり舌を傷つけてしまうこともあるので舌でしつこく触れないように。

もし神経を残してあるなら仮詰めがはがれたことで神経が過敏になっているので多少痛みやしみることがあるかもしれません。不安な時は歯科医院へ行ってみましょう。仮詰めは時間がかからないのですぐにまた詰めてくれると思います。

・根っこの治療中の場合

歯の根っこの治療をしたことありますか?私はひどい虫歯で神経を抜いた歯が2本あります、、、。

神経を取った後は、神経が通ってた管をきれいにしなければなりません。1回でなかなかきれいにならないので数回にわけて受診が必要です。そこでその歯には、次回またすぐに根っこの治療ができるように仮詰めをします。

この根っこの治療中に私は仮詰めの物がはずれてしまいました。その瞬間薬品のにおいがぶわっとお口の中に広がると同時に薬品の味も感じちょっとしたパニックに陥りました。

慌てて歯科医院へ電話をすると、よくうがいをしててくださいと言われただけでした。受診の予約も次の日に入れてたこともあり、すぐに歯科医院へ来てください!とは言われませんでした。

受診日に話を聞いてみると、根っこの治療中は薬を根っこに入れてから仮詰めをしているそうで。仮詰めがはずれたと同時に中の薬品も一緒に出ちゃったんだろうね、ということでした。ただ次の受診日まで間があると、根っこに食べたものが入ったり不衛生になるので来院をお願いするそうです。

・歯の土台の場合

何らかの理由で歯を大きく削った場合、土台を作り歯を大きくかぶせるようにして噛めるようにしていきます。その場で土台を作れることもありますが、土台の型をとり金属の土台を入れることもあります。

その土台ができあがるまでの仮詰めが取れた場合はすぐに歯科医院を受診することをおすすめします。歯肉の深い所まで削っていることが多く。仮詰めがとれてしまうと周りの歯肉が覆うようになってきます。

仮詰めはそれらを防ぐ役割も持っています。歯肉に覆われてしまったら、その歯肉を除去しなければならないので大変なことになってきますよ。

前歯の治療に助かる仮歯

・あくまでも仮の姿である仮歯

今でも忘れられない母の前歯が1本無い姿・・・。本人に言えば間違いなく怒られるので言ってませんが、とってもマヌケな姿でした・・・。

前歯の治療をする人に、仮歯を入れることがあるそうです。

それは見た目が本物と間違えるくらいしっかりした出来上がりです。しかし「仮」がついてるということは、もちろん本物ではありません。ということは耐久性も無く割れやすいのが短所です。

永久に付けるものではないので、接着する物も仮の物なのではずれやすいです。もし万が一はずれてしまったら前歯の歯無しは外に出れません。仮歯を持って歯科医院へ受診しましょう。

すぐに付けてくれますよ。もし仮歯が割れてしまっても、すぐに作ることができるので早めに歯科医院へ相談しましょう。

・このまま仮歯で過ごしたくなってくる

部分銀歯などの仮詰めだけの状態は早く完成品を歯にセットしたいもの。

しかし前歯の仮歯はとてもきれいで、意外と前歯のかぶせ物は金額が高いので、このままでいいやと過ごしてしまう方が少なからずいます。部分銀歯の場合にも言えることですが、型をとりずっと仮詰めの状態でいるとせっかく歯科技工士さんが作ってくれた物が合わなくなってきます。

時間が経過することで少しずつ歯が欠けたり、隙間に歯が動いてしまうからです。仮詰めがとれた時に歯科医院へ行くと、出来上がってた物が合わずまた1から型を取りなおすという悪循環に陥ります。

もちろんまたお金もかかるので、仮の姿ではなく本物の姿になりましょう。

絶対にやめてほしい仮詰めの応急処置

・瞬間接着剤を使う

仮歯がはずれてしまってその日は休日、病院はお休みの時に、瞬間接着剤を使い歯をつけなおしたという話を聞いたことがあります。なんとチャレンジャー・・・。

その後はどうなったかというと、土台にまでしっかりと接着してて、仮歯をキュイーンと削って除去するはめに。土台も少し削られた為またその土台の状態で型を取りなおし。大事にならなくてすんだものの隣の歯にまで接着剤が流れてたらと考えるとヒヤヒヤですね。

・仮詰めの材料は1つだけではない

仮詰めの材料は、ゴムみたいな弾力性があるものや水分に反応して固まるタイプなどいろいろあります。

神経が生きてる場合に使える材料や不向きの材料もあるので、もしはずれてしまったら独断で思いついたものを決していれないようにして下さい。

まとめ

  1. 仮詰めが外れた箇所で物を噛むことは避けましょう
  2. 不安に感じたら早めの受診を
  3. 仮歯はあくまでも仮の物、見た目だけの役割かもしれない
  4. 家庭にある接着剤は決して使わない

仮詰めしている歯をゴシゴシ歯ブラシをあてるのも避けましょう。摩擦でポロッとはずれてしまいます。銀歯や根っこの完治まであと1歩の状態、これを乗り切ったら後は大変楽になるのであともうちょっと頑張りましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です